システム関係(4ページ目)

長文については折り畳みを使用しています。
スクリプトサンプルをみる または 詳細をみる。 をクリック!

システム関係(4ページ目) 項目

システム関係(3ページ目)にもどる。
  1. クリック待ちグラフの画像を変更する
  2. カーソルの画像を変更する
  3. 改造サンプルのマップ機能をスキップボタンに変更する
  4. システムボタンの変更
  5. メニュー画面からスキップの項目ボタンを削除。
  6. メニューにバックログを追加する
  7. メニュー画面にフルスクリーンを追加[screen_full]
  8. メニュー画面にボタンを更に追加する
  9. 既読スキップをつける
  10. サウンドノベルでのバックログ、underfinedを消したい

10項目以降はシステム関係(5ページ目) にお願いします。
システム関係(3ページ目)にもどる。
システム関係(2ページ目)に戻る。
メニューに戻る。

引用 参考ほか

バージョンアップ情報は公式ブログ http://tyranoscript.blogspot.jp/をご覧ください。

クリック待ちグラフの画像を変更する

詳細をみる

カーソルの画像を変更する

詳細をみる

改造サンプルのマップ機能をスキップボタンに変更する

スクリプトサンプルをみる


システム メニューボタンのカスタマイズ

デフォルトはこのボタンbt_menyu.JPG
表示位置の設定は、data/systemファイルの中にあるconfig.tjsをメモ帳で開いてよく読んで編集してください。
また、細かなサイズ枠の変更は、tyrano.cssファイルも参照してください。

メニュー画面の追加・削除・変更


menyu.JPG
menu.htmlを編集する

メニュー画面からスキップの項目ボタンを削除。

以下ファイルの1行を、まるごと削除ください。
■tyrano/html/menu.html
<div class="menu_item menu_skip"><img src="tyrano/images/kag/menu_button_skip.gif" /></div>

メニューからバックログ画面を表示する方法(暫定)

詳細をみる

メニュー画面に[screen_full]

最新版では適用されている場合があります。

スクリプトサンプルを見る

メニュー画面にボタンを更に追加する

詳細をみる


既読スキップをつける

  1. 既読スキップの設定をする
  2. 既読スキップON/OFFボタンをつける
  3. 既読判定をシナリオ本文に追記する
  4. 既読スキップ開始処理を追記する
  5. 既読判定処理 速度比較(タグとjavascript)

1.既読スキップの設定をする

ティラノスクリプト、バージョン4.00から標準タグが用意されました。
[config_record_label skip=true ] 未読スキップオン(未読もスキップにする)
[config_record_label skip=false ] 未読スキップオフ(既読のみスキップする)
Config.tjsのラベル記録を";autoRecordPageShowing = true;"にするのは同様です。
どちらかを設定の上で[skipstart](roleボタンskipでも可)を開始すると反映されます。

既読フラグについて詳細をみる

◆制作者 noco さま
Config.tjsのラベル記録を";autoRecordPageShowing = true;"にします

2.既読スキップON/OFFボタンをつける

スクリプトサンプル


3.既読判定をシナリオ本文に追記する

スクリプトサンプル


4.既読スキップ開始処理を追記する

スクリプトサンプル


サウンドノベルでのバックログ、underfinedを消したい。


最新版では変更されています。

この記事の引用元


ティラノスクリプトは? Copyright ShikemokuMK All Rights Reserved.のものです。

  • 最終更新:2016-09-17 14:32:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード