スクリプト側で要素の変更(4ページ目)

2ページ目以降から基礎講座用に纏めてあります。
☆改造は公式サポート外です。自己責任でお願いします。

スクリプト側で要素の変更(3ページ目) 項目

  1. jQueryの基本的な形
  2. "$(function(){ }) "とクリックイベント
  3. 変数に色々と代入しておく
  4. find
  5. this
  6. $( )の中に入れるもの まとめ
  7. function(e){ }
  8. keydown keyupを使ったイベント処理
  9. &link_anchor(title=){}
  10. &link_anchor(title=){}
工事中です。順番を考え中


<<スクリプト側で要素の変更(2ページ目)
<<スクリプト側で要素の変更(3ページ目)

スクリプト側で要素の変更(5ページ目) >>
メニューにもどる
さくっとヒントがほしい方の為の記事です。きちんと勉強したい方は書籍を購入する等して下さい。

jQueryの基本的な形

基本形

詳細をみる

$(function(){}) とクリックイベント


詳細をみる

変数に色々と代入しておく

今さらの内容ですが、おさらい。

詳細をみる

さらにfindを使う

findとは?…自要素の中から内包する要素すべての中から"指定したセレクタからマッチするものを探す"

詳細をみる

this

詳細をみる

$( )の中に入れるもの まとめ

http://railsdoc.com/references/jQuery

詳細をみる

function(e){}

http://shgam.hatenadiary.jp/entry/2013/06/27/022956

詳細をみる

keydown keyupを使ったイベント処理

変数関係(3ページ目)を参照

詳細をみる

.on()を用いたイベントの定義

詳細をみる

.on("change") と.on("input")

詳細をみる

input要素を追加する。rangeスライダーを追加する

公式プラグインを利用のこと
ここには断片的なことしか書いてない

rangeスライダーを追加する

詳細をみる 途中


  • 最終更新:2017-05-26 00:18:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード