デバッグにおいての注意事項

デバックにおいての注意事項

  1. やり方 一例
  2. フラグの確認事項
  3. その他

デバックのやり方

  1. ティラノライダーを使用する。
  2. テストを見越してシナリオを作成する。…テストシナリオを作成、ボタンを並べてどのシナリオにも飛べるようにする
  3. デバックモードを作成する。…一時変数を使用し、フラグを常に表示させるテストモードを作成する。
  4. キャプチャー動画を作成する。(フリーのキャプチャーソフトによっては「製品版でなければ10分のみ」等の制限があるので使用前に確認)http://forest.watch.impress.co.jp/library/nav/genre/pic/piccam_capture.html
  5. 数値が入力、加算されるべきところに数値以外が入力された時にアラートを出す処理を置く

フラグの確認事項

  1. 比較的大きいプロジェクトの場合、同じ処理はなるべくマクロにする。…修正しやすい為
  2. ロード後の一時変数の確認。…ロード後の一時変数確認。 セーブ→はじめから(リセット)→ロード
  3. 初期宣言しているか
  4. システム変数の確認。…二周目を見越したゲーム設計になっているか? web版:システム変数はローカルストレージクリアでも残ります。 システム変数の削除[clearsysvar](または自己責任でクッキーとサイトデータの削除)
  5. 二周目のゲームフラグリセット確認。…ティラノライダーを利用できる場合は変数を確認後、リセット用のシナリオを用意しておく。利用できない場合は追加時にまとめておく。[clearvar]を使用する。
  6. 物語に沿った条件か、クリアに無理のない条件か。
  7. 1ルートずつ確認後、多ルート確認

その他

マクロが分岐されない
[endif  括弧が抜けていませんか?[]を確認してください。
== であるところを=にしてませんか? 確認してください。

[endif]の行でエラーになる。
『" "』が 『"』しかない。

[endscript] の行でエラーになる。
長文の場合は[iscript]を分けれるだけ分けてチェックするf.hensuにすれば[iscript]外でも
直下なら渡せれる。初期宣言していないか確認

storageもtargetも間違ってないのにシナリオファイルがないと言われる…全額スペースが入ってませんか?

分岐されないで条件式を無視してしまう…一例 | | が最後尾等にあり、すべてにかかっている。

Aのファイルのみを確認。Bのファイルのみを確認。後、連続確認
Aのファイルを通過してBまたはCのファイルでエラーが起きる場合、AとBまたはCを合体して確認する。

  • 最終更新:2017-03-10 16:05:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード