フラグ管理他実例集(2ページ目)

長文には折りたたみを使用してます。 スクリプトサンプルをみる または 詳細をみる をクリック

フラグ管理他実例集(2ページ目) 項目

1ページ目が長くなって分かりにくいので移動中
変数関係,基礎制御構文関係公式チュートリアルのページも参照してください。 サイコロ等の乱数は変数関係
<<フラグ管理他実例集(1ページ目)に戻る
  1. ブラウザの判別
  2. タイマー
  3. 前回遊んだ時間によって変化 webstorageセーブデータによって変化
  4. iscript内で処理が終わったら、ksのラベルに処理を戻したい
  5. 計算式の合計値と数値が等しいならジャンプする。cond
<<フラグ管理他実例集(1ページ目)
<<メニューに戻る

ブラウザの判別 javascript

ただ取得するだけですので、さらに手を加えた処理カモン。

書式例

http://qiita.com/Evolutor_web/items/162bfcf83695c83f1077 IE11には別の処理を加える。
User agentを使わない方法 http://serima.co/blog/?p=373

タイマー

73:2014/01/23 (Thu) 17:37:21

スクリプトサンプルをみる

前回遊んだ時間によって変化、セーブデータの日時によるイベント



iscript内で処理が終わったら、ksのラベルに処理を戻したい

;callbackがtrueだったら、ループを終了する

詳細をみる

計算式の合計値と数値が等しいならジャンプする

[jump target=*end cond="(f.aend+f.bend)==4"]

  • 最終更新:2016-07-11 07:31:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード