背景表示(2ページ目)

長文については、記事の折りたたみを使用しています。スクリプトのサンプルをみるをクリックしてください。

背景表示(2ページ目) 項目

<<背景表示に戻る。
  1. レイヤーの透明度を指定するV455~
  2. 画面を揺らす
  3. フォーカスを変更する(3Dカメラ)
  4. レイヤに追加されたnameで指定された要素をすべて削除
  5. imageをLive2Dの前後に置く zindexを操作する
  6. 複数の画像を一度に表示する
  7. 画像の横幅サイズに変数を指定したい
  8. 外枠等の背景色を変更する、画像を使用する
  9. 2つの画像を同じタイミングで透明になりながら入れ替える
  10. 画像の位置を変数にする
  11. 画像を切り取って表示させる、トリミングする、合体画像を使う
<<背景表示に戻る。
<<メニューにもどる。

レイヤーの透明度を指定するV455~

[layopt layer=1 opasity=0]
他animの利用等

画面を揺らす

[quake count=5 time=300 hmax=20]
画面揺らしをとめる
[p]や[l]で次の命令にいく
[quake count=0]

フォーカスを変更する

詳細をみる

レイヤに追加されたnameで指定された要素をすべて削除

[ freeimage ]はlayerのみの指定でしたが[free]はname指定が可能であり、必須です。

[free layer=0 name="myimage"]

imageをLive2Dの前後に置く zindexを操作する

詳細をみる

複数の画像を一度に表示する imageを一挙に表示

backで用意しよう

詳細をみる

画像の横幅サイズに変数を指定したい

&エンティティを使用して下さい。位置を変数にしたい場合も、同様に。

詳細をみる

外枠等の背景色を変更する、画像を使用する

tyranoフォルダ/tyrano.cssを変更します。

詳細をみる

2つの画像を同じタイミングで透明になりながら入れ替える

詳細をみる

画像の位置を変数にする

詳細をみる

画像を切り取って表示させる、トリミングする、合体画像を使う

例、キャラクターのimage画像二種以上を横合体したものを使いたいなど
2017年 公式プラグインにて有志の方による、トリミングタグ機能があります。
利用規約に沿ってご利用下さい。

引用元


  • 最終更新:2017-10-28 00:18:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード